広島市西区古江の学習塾 愛すべき生徒たちに捧げます


by mt_over164
カレンダー

<   2010年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

広島ブログ

「せっかくここまで来たんだから

『サザエのつぼ焼き』喰って帰ろう。」

「1人前500円かあ。きっと2個くらいだろうな。

2個じゃ物足りないな。2人前にしょう。」

そう思ったわたしは

美人海女のお店でこう言いました。


「サザエのつぼ焼き、2人前ください」

美人海女はびっくりしてました。

「あんた、イカ焼きも2人前食べて

サザエもかね。2人前はきびしいよ。1人前にしときんさい」

言われた意味は分からなかったのですが、

郷に従えと言いますからね、

「じゃあ1人前で」

と言ってお金を渡して出されたのがこれ。

a0060806_161206.jpg


1個100円・・・。安!

てか激安でしょー!!

近くには映画の舞台になったという灯台。

a0060806_1613858.jpg


こんな橋を渡って行ってきました。

a0060806_1615850.jpg


この付近にある名所は

『楊貴妃の墓』

a0060806_1621488.jpg


途中に会ったウシ君。

a0060806_165175.jpg


とにかく美しい海でした。

a0060806_1652719.jpg


さて

ここはどこでしょう??

広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-05-31 16:07 | 旅行
広島ブログ

今日は、漢字検定の日でした。

野活や修学旅行に行っていた

K中の1、2年も

久しぶりの元気な笑顔を見せてくれました。

お土産もいただきました。

ありがとう。

a0060806_20463414.jpg


でも、さすがに検定では緊張気味。

a0060806_20453531.jpg


監督のわたしも緊張してました。

生徒の皆さんもお疲れ様でしたが

わたしも結構疲れたなー。

答案を協会に送るまでは

責任がありますからね。

さてさて、結果が楽しみですね。



午前中に

ひとつの塾が開講するのを見てきました。

大手が入ってこない小さな地域です。

でも勉強したい生徒はいるし

遠くの塾まで通ってる生徒も少なくないそうです。

地域の方の大きな期待。

それに応えようとする塾のスタッフ。

わたしたちは

どれだけ地域の方に必要とされる塾になれるか

それしか生きる道はないですからね。

a0060806_2049329.jpg


きっと、いや必ず素晴らしい塾になると思いました。

この初心忘れないでがんばってほしいです。

広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-05-29 20:52 | 出来事
広島ブログ

中学のころ、日曜日はRCCに通っていました。

お昼から始まるラジオ番組『ザ・ヤング』に出るためです。


最初は

サンモールにあったサテライトスタジオの前を

友だちと歩いていて

たまたま出演させていただいたのが

きっかけでした。

そのころは『武藤まき子アナウンサー』が

司会をされていました。


ラジオ番組は1時間の生放送。

『塩見大治郎』さんの軽妙な司会と

広島大学落語研究会の『タンバ』さん『赤ベエ』さんの

爆笑コーナーなど

当時人気はあの『サテライトNO.1』を凌駕する勢いだったと思います。


常連という形で毎週参加していたのは

わたし以外は全員高校生だったので

最年少ということもあって

皆さんにとても可愛がっていただきました。

特に司会の塩見さんには

いろんなところに連れて行ってもらいました。


塩見さん、あの『それいけカープ』を

最初に歌った方なんです。

で、今日はどこどこで歌うからおいでって言われて

友だち連れて一緒に楽屋で遊んでもらったり。


これが、わたしとカープとの

本当の出会いなんです。

1975年のことです。

a0060806_1736752.jpg


プレ優勝パレードとかいって

カープのユニフォームを着た塩見さんに並んで

一緒に大人たちと本通りを練り歩いたり

そごうの屋上での

『それいけカープ』コンサートに付き合ったり

そうそれから

初優勝のときは

本通りで揉みくちゃになってました。

泣いてる人、笑ってる人、叫んでる人、とにかく酒飲んでる人。

大勢の大人が揉み合い、知らない者同士が

「おいおい、押すなや、子どもがおるんで!」

「なんでこんな時間に子どもがおるんなら!!」

しばかれそうな緊張感もありましたが、

なぜか楽しかった。

「まあええけ、飲め、今日はええんじゃけ」

こんなに一生懸命に

カープを応援できるんだ。

大人ってすてきだ、こんな大人たちになりたい!って思いました。


あれから30年以上たちました。

一昨年でした。

せっかく授業の合間を縫って観に行った試合で見所もなく

完敗。

情けなくて

市民球場から

赤い帽子、ユニ、メガホン持ったまま

1人で1時間かけて夜の闇の中歩いて帰りました。

だって涙が出そうだったから。

負けて泣きそうなんじゃないんです。

悔しいんです。

俺、何やってるんだろうって・・・。


いろいろな方がカープに思いをはせて応援されていると思います。

負けてばっかりで辛いですよね。

光明がさっぱり見えないですよね。

でも、だからこそ応援し甲斐がある。

明けない夜はないはず。


今度優勝したとき、

タンバさんや赤ベエさんに、

可愛がってくれた先輩たち、

それから塩見さんに会えるかもしれない

今は優勝の先にある楽しいことを思って応援しています。

負けても負けるなカープ!

広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-05-27 17:37 | 社会・芸能・スポーツ
広島ブログ

この右端のlllllみたいなのが動いてるとこをクリックしていただくと音楽は止まります。→

広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-05-26 16:56 | 思うこと
広島ブログ

例えば

クラス指導でなかなか宿題をやってこない

ちょいと遅れ気味な生徒は

別途に補習をしています。

その補習で、遅刻してきたり

やる気が感じられないときは

懇々と諭すことも激しく怒鳴りつけることもあります。


わたしたちが求めるのは

それほど高い理想ではありません。

ここでは「宿題をやってくること」です。

そのために全力を上げます。



また、授業中の小テストで

思ったような得点が取れなかった生徒から

「先生、勉強したいけぇ、類似問題をいくつか貰って帰りたい」

なんてこともありますよ。

もちろん喜んで差し上げます。


近頃では、わたし、指導していない

『世界史』『日本史』『現代社会』なんて教科の質問も

高校生から受けるようになりました。

一応、教員免許はありますから

沽券に関わりますからね、

必死で説明していますよ。


黙々と自習する生徒も少なくないなあ。

声はかけないけど、応援しています。



自発的に勉強できない生徒には

寄り添って

自分でできる生徒には

遠くから眺める。



雨になる日

風の日

日差しの強い日

その生徒に合ったいろんな天候で接するわたしたち。

a0060806_21492443.gif


学び舎『SORA』の由縁です。

広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-05-25 21:50 | 思うこと
広島ブログ

a0060806_19475023.jpg


『劇場版TRICK 霊能力者バトルロワイヤル』

観てまいりました。

お約束と小ネタのオンパレード。

これは

ファンにはたまらないですね。

DVDが出た後に

チェックしながら観るという方法をお勧めします。

トリックってそういうドラマですよね。


初めて

『TOHOシネマズ緑井』に入りましたが

雨模様なのに大勢の映画ファンでいっぱいでした。

『超電王』のせいかなー、

うちの高3男子たちも行くとか行かないとか

言ってたからなー。


因みにわたしは

『クウガ』『響鬼』なら行きたいですが

『電王』はよく知らないんですよ。

だから行かないと思います。

『555』が面白いと山口先生には教えていただいたのですが

まだ観ていません。

ただ『オルフェノク』が現れたときには

『555』として戦う心構えはできています。

ファイズドライバーください。

もうすぐ50ですが。

広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-05-24 20:20 | おススメもの
広島ブログ

学び舎を卒業しても

生徒たちはいつまでも

わたしたちの生徒。

ずっと応援してます。


というわけで

OGのHさんがバイトしている焼肉屋さんに

行ってきました。

高校やめて

ここでバイトしながら通信高校に通ってる

頑張り屋さんのHさん。

当日は厨房担当ということで

仕事の合間を伺って、挨拶に来てくれたので

「わしらがオーダーした肉は大きめにカットするんよ」と

優しい言葉をかけておきました。


ご一緒していただいたのは

自転車屋さん。

http://blog.hiro-cycle.net/

この日初めてお会いしました。


同世代の異業種の方と

お酒酌み交わすのはいいですね。

新鮮で刺激的です。

しまなみ海道や江田島サイクリングのこと

カープやズムスタのこと

いろいろ教えていただきました。

自分でも行ってみてからになりますが

生徒たちを対象にイベントするかもです。


そのあともちろん2次会3次会に出動。

お決まりのコースですが『DOING』から『藤家』へ。

どちらもいいお客さんが集まるお店。

この日も満員でしたね。

DOINGシキヤくん、藤家マイちゃんと

いろいろ話されてました。

よく行くお店を褒めてもらうのは

客としてもなんだか鼻が高いものです。

a0060806_21185119.jpg


自家製の『にんにくラー油』までいただいて

感激しながら別れ、

久しぶりに泥酔状態、千鳥足で

1人、次の『グラシャリ』行ったところまでは・・・。


6月26日(土)20:00から

またいろんな方とお会いできる機会をご紹介いただきました。


もちろん、自転車屋さんにも声掛けておきました。

さてさて今から楽しみです。

広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-05-22 21:22 | 出来事
広島ブログ

ボクの名前は

ジョン・コナー。

学び舎の塾講師だ。

もちろん母さんから聞いている。

もうすぐ審判の日が来ること。

そして機械と人間との全面戦争が始まること。

ボクが人間のリーダーとなって

勝利に導くこと。


K中の確認テストの結果がすごい。

50点満点のテストだが

軒並み40点越え連発だ。

a0060806_21574847.jpg


40点以上でガチャのできるコイン1枚進呈と

決めていたのだが

例えば全員に5枚ずつ渡すとなると

このままだと

学び舎は破産しそうだ。

すでにガチャから出る図書カード1/3券を

3枚集めた猛者4人が

図書カードはまだかと催促してくる始末さ。

ある意味

学び舎の審判の日は近いのかもしれない。

a0060806_21581075.jpg


授業が終わって

ボク、ジョン・コナーは

Kくん兄妹のお母さんからいただいた

レアなキンツバを食べていたんだ。

あっさりした甘さに驚きは隠せない。

母さんにはいつも冷静でいろと言われてたけど

そんなのこのキンツバの前では到底無理だ。


すると

後ろの方で何か嫌な感覚を覚えて

振り向いたんだ。


「お前がジョン・コナーか」

そこには突如

まるで、あの、未来からやってきた

T-800のような

女子高生の姿が・・・。

a0060806_21582697.jpg


ヤバイ、逃げろ!

ボクは走った。

でも彼女はボクに向かってこう叫んだんだ。

「待て、お前は誤解している」

「ただの立ち眩みだから」


学び舎の審判の日は近い。

I'll be back

(事実をネタにして脚色してお送りました)

広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-05-20 22:09 | 出来事
広島ブログ

K中の確認テストの結果が

少しずつ明らかになってまいりました。

「先生、44点じゃった!」

「Tさんなら、もちいと取れたじゃろー。で、Sさんは?」

「32点、でもねクラスの平均点は19点じゃったんよ」

「平均19点とはえらい難しい問題じゃったんじゃのー」

確認テストって50点満点なんですけどね。


一方、F中も明日から春季テスト。

F中の定期テストの過去問も交えて

入念に対策してきました。


そもそもテストには

教科ごと、単元ごと

あるいは出題する先生によって

出題パターンがあります。

その出題に合わせて問題演習してしまえば

得点は確実に上がります。


そんな指導ができるのは

この地域では学び舎だけじゃないでしょうか。

熟練スタッフが6年にわたり

専門教科ごとに研究してきたんです。

同一地域に密着して得た財産のひとつです。

a0060806_2216482.jpg


テスト結果が楽しみ。

生徒たちの笑顔の花がいっぱい咲くと

酔うほどにうれしいものです。

というわけで、

今夜あたり前祝いに繰り出しましょうかね~。

広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-05-19 22:23 | 出来事
広島ブログ

塾は勉強を教えるところ。

それだけだとしたら

確かに、

多くの塾が安価に走るのも正解だと言えます。


事実、

週に2回5教科を合わせて5時間程度で教えるとして

どのくらい安く授業をご提供できるものか

試算をしてみたところ

『熟練講師の少人数指導』を掲げたままでも

今言われている超安価塾よりも

わずかながらもっと安くご提供できることが分かりました。


でも、実は自分の良心を咎めるカラクリがあったりします。

本物ではない、ニセモノということなんです。

例えば「分からなかったらいつでも来い」なんて言ったとしても

補習も自習も十分には保障できないのですよ。


週2回5時間だけ、

しかも一斉指導の中でスタッフからのほぼ一方通行。

こんなので

塾通ったために実力がついたといえる生徒が果たして何人いるのか。

大いに疑問なわけですよ。


塾に期待されているのは

成績、実力を上げて

希望の学校に合格してもらうこと。

通わなくたって、行きたい学校に行ける人は

通う必要はないはずなんです。


学び舎は、

その大切な部分を削った集客第一主義には決して走るまいと

考えています。

通って来てくれる生徒、保護者の願いに全身全霊で応える旨を

第一主義としたい。


その一方で、自分たちが指導可能な

最大限の生徒数は確保したい。

なるべく多くの生徒に「できるようになる感動」を体現してもらいたい、

それもあります。

そして学び舎を続ける、生き残ることも必要です。


相対するような二つの思いを抱えながら

「この生徒の力を絶対に引き出してやる」

「もうすぐだ。勉強が楽しくなるぞ」

『成績態度変容業』に自信と誇りを持って

今日もスタッフたちは生徒の前に立っています。

a0060806_21351219.jpg
a0060806_21352178.jpg
a0060806_2145316.jpg
a0060806_21353061.jpg
a0060806_21354061.jpg


広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-05-18 21:43 | 思うこと