広島市西区古江の学習塾 愛すべき生徒たちに捧げます


by mt_over164
カレンダー

<   2010年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

広島ブログ

今日は朝から雨。

昨夜から降り始めましたが

予報では日曜までぐずつくようですね。

最近では珍しい天候じゃないでしょうか。


定期テストも終わった学校もあったりで

今日は自習に来る生徒は

少なかったのですが

前回触れた高3のS木さんは

お昼から夕方まで来ていて

卒業アルバムやら

付属のDVDやら見せてもらいました。


DVD付きですよ、すごいですね、最近の卒業アルバム。

修学旅行はハワイですよ。

ワイハー。

現地の高校生徒と交流付きですよ。

すごい!


わたしのころは

モノクロの卒業アルバムが当たり前。

カラー写真は巻末の「3年間の出来事」だけ。

で、

修学旅行は

ほとんどの高校が憧れの東京。

東京タワーをバックに写真を撮ったり

浅草で木刀や提灯を購入したりしたものです。

ある意味、すごい!!


時代は明らかに変わったんですね。

ちゃんとついていかないと。

やがて3Dの卒業ディスクになって

修学旅行にヨーロッパは当然で

宇宙ステーションとか行ってしまう高校も出てくるかもですよ、

いずれ。


そのころわたしだって負けずに

半透明になって、あっちの世界に行ってるんでしょうけどね。


そんなこと考えながら

夕方に学び舎に来ていた生徒のアルバム、

もちろんカラー写真です。

a0060806_19392617.jpg
a0060806_20194639.jpg
a0060806_19393711.jpg
a0060806_19394943.jpg
a0060806_20345100.jpg
a0060806_1940699.jpg
a0060806_20384626.jpg
a0060806_19401948.jpg
a0060806_19402966.jpg
a0060806_19403840.jpg


さてさて、みんな、てるてる坊主のかわりになって

明日天気にしてくれるかな?

広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-02-26 19:47 | 思うこと
広島ブログ

高等部は世代交代で

高3の姿を見る機会が

今日から極端に減りました。


自習室も閑散とするのかと思えば

高2の生徒が

すでに勉強し始めています。

いい感じだ。

継続は力なりです。

頑張ってほしいですね。


昨日、今日話した高3の生徒たちは4人。

「先生、長い間お世話になりました。」

珍しく改まった態度のS木さんとは

大粒の涙でお別れしました。

6年間通っていただきました。

寂しくなるなー。


「アルバイトも始まるし

来る用事もなくなるから・・・」

S山さんは5年間通ってくれました。

大学は決まっていたけれど

それでも続けて勉強していたのですが・・・。


「今度は合格発表のときに来ます」

Hくんも5年ですね。

彼のおかげで

年末年始とほとんどの休日、

自習室を開放したようなもんでしたね。

「いや、これからも毎日来い!」

というわたしの横で、I藤先生が

「しばらくゆっくり休め」

ま、それが正解か・・・。


「わたしら、何にもしてもらってないよ」

Kさん。

中2から通ってくれたけど

大々的な祝勝会も

激勉合宿も

まだやっていなかった頃だったからなー。

何かイベントしたいよね、確かに。

卒業した後でも、できればいいね。


さよならは悲しい言葉じゃなく

それぞれの夢へとボクらをつなぐYELL

a0060806_22481140.jpg


がんばろうな、これからも共に。

広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-02-25 22:50 | 思うこと
広島ブログ

保護者面談のときにいただいた

「庚午ロール」

甘すぎず、しっとりしていて

めっちゃおいしかったー!!

ありがとうございました。

a0060806_1918987.jpg


保護者面談も続いていますが

問い合わせ、体験授業が続く中で

わたし、

入塾の説明をさせていただくのですが

そこで毎回伺うのが

「何を観て学び舎をお知りになったか」


意外に多いのは

ずっと以前から折込チラシを観ていて

気になっていたという方が多いんです。

認知度は十分あるようですよ。

が、

一歩踏み出していただけず

ほかの塾に行ってしまって

思ったほどの成果もなく

学び舎にやってくるというパターンは

これまでも結構多いわけです。


うまく魅力が伝わってないのでしょうね。

地域に学び舎のよさをお伝えするのも

学び舎の仕事のはず。

そのへんは技量不足だったというか

怠慢だったのかもしれないですね。


たとえば料金。

説明のとき、いつも驚かれるのですが

入会金、施設費、教材費は

いただいていません。

それらを別途費用とし

安価な料金にみせておいて

実際は高額な料金を請求したり

あれこれ理由をつけた意味不明な料金の請求は

しないようにしているんです。


「わたしに言い訳などなにもない」

龍馬伝の吉田松陰先生のお言葉、そのままに

スタッフも生徒も保護者のみなさんも

自信を持って薦めることができます。


1教科から受講できるっていうのも

魅力かもしれません。

必要のない教科を受講する必要はないですからね。

実際に

苦手教科だけ受講されている方も少なくありません。


だけどそれよりなにより

スタッフが優秀っていうのが

最大の魅力です。

折込チラシにスタッフの顔を掲載できているのは

近隣では学び舎だけです。

顔をお見せしているから安心ですよね。

いや、「この顔はないだろ」ってことで魅力になっていなかった??

ま、まさか、これが原因??

そんなはずはないですよ。

スタッフはかなり並み以上だと思います、

わたしを除いて・・・。


ん?まさか、わたしが原因だった????


魅力が伝わらない原因が分かったような気がします。


以上、わたしが邪魔して伝わっていないと思われる

魅力の一片をお伝えいたしましたーっ。

広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-02-24 19:24 | 思うこと
広島ブログ

朝日新聞、2月19日(金)付の公立高予想

ご覧になられました?

a0060806_15224070.jpg


わが学び舎からも

I藤先生の数学予想が登場しています。

昨年は学習クリニックLのT先生にお願いしました。

わたしが書いたのは一昨年だったかな。


遅まきながら

わたしなりの予想もしておきますね。

ペナントレースで

毎年、カープ優勝と予想しているわたしですから

あてにならないと思われるのも正論ですが

少しでも参考になればと思います。


国語は

文学的文章と説明的文章と古文。


国語の文学的文章は

主人公が少年少女の場合が多いようです。

受験生と同じ視点で話が展開する物語が採用されやすいみたいですね。

説明的文章は

今日的な問題を掘り下げた作品の出題、

とりわけ環境問題がどうかなって思っています。


社会は

世界地理、専門史、政治・経済、近年起こっている諸問題。


以上は

一般的に出題予想されていますし

わたしもそうじゃないかと思っています。


社会は

時差とかちゃんと計算できるようにしておきたいですね。

あと、

裁判員制度が気になるんですよね。

昨年から始まりましたし。

その他、少子高齢化、環境問題、国際関係なども

出題されやすいと思います。


とはいえ、ヤマをはるのは危険だし最終手段ですよ。

出やすいと思われるところを重点的に

まんべんなく学習しておくのが無難だと思います。


じゃあ予想の意味がないじゃないかと言われると

身も蓋もないですけどね。

広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-02-23 15:30 | 思うこと
広島ブログ

京都からこの街に戻って以来の

友人のA田さんが

新しいお店を出したと聞いたので

ちょいと行ってきました。

流川「クロスロード」


いや、久しぶりに楽しかったですよ。

飲み放題食べ放題の定額制のお店で

財布も安心だし、

これからいろんなイベントも企画されているようだし

なにしろA田さんが

水を得た魚のように

楽しそうで

こちらも楽しくなってきます。


この方は

人を楽しませることにかけては天才です。

ときに口を突く辛らつな言葉も

軽妙な語り口で

むしろ言われた方が爆笑してしまう。

巷のエンターティナーです。

しかも勉強家。

学ぶところが多い。


「10数年前、前の店を任されて

これからどういう方向性にしようか考えていたとき

あるお客さんに

『お客さんが楽しめる場所だったらいいんじゃないか』って

言われて

シンプルにそれだけを目指してやってきたんです」

っていうA田さん。


その言葉が

わたしの胸に刺さってきました。


これまで

同じように思ってやってきたつもりだけど

シンプルに生徒、保護者の方に

喜んでもらえているだろうか。

一人ひとりに気持ちが行き届いていただろうか。

できる生徒だけ、勉強が苦手な生徒だけに

偏ってなかっただろうか。

おとなしい生徒全員に

こちらから声をかけていただろうか。

それらができていたとしても

足らないことはなかっただろうか。


もう一度

原点をしっかり見つめる時期なのかもしれませんね。


異業種の方から

いい刺激を与えられることは多いです。


とりあえず

今日は向洋のあるSAKURAっていう塾に用があって

そのビルの1Fの

「エスポアール」という洋菓子屋さんで

スタッフや生徒に

ケーキを買ってみました。

a0060806_16443925.jpg



実は

A田さんの話の中に出てきた

「あるお客さん」って

わたしのことらしんです。

すみません、覚えていないんですけど。


吐いた言葉って

ブーメランのように

戻ってきますね。

広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-02-22 16:51 | 出来事
広島ブログ

高校入試対策で

例のあれ、使ってみたんです。


a0060806_21242467.jpg


a0060806_21262286.jpg



年号暗記と時差の問題練習。

特に時差は世界地理で

生徒が苦手とするところですからね。

この教具が

理解への突破口となってくれればと

臨んだわけですが・・・。


いけます。

マジで使える!

生徒は食い入るように

楽しみながら授業に参加でき

しかも理解が早い。


具体的なイメージとして視覚からも入ってくるので

理解しやすいんでしょうね。


これ、何とか商品化したいなー。

年号暗記とか時差の問題とか

苦手な生徒に使ってほしいなー

って改めて思いました。

広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-02-20 21:36 | 出来事
広島ブログ

M高校の合唱祭に行ってきました。

a0060806_1902518.jpg


6組の「3月9日」

えーっと「レミオロメン」の曲です。




よかったですよ。

ええ、ほんと、ちゃんと分かってますよ。


これでもわたし、グリークラブでしたから、

大学時代。

男声合唱→フォーク研→ジャズ研という流れの

サークル歴です。


K地さんと一緒に行ってきたのですが

ウチの生徒、見つけるの早いです、K地さん。

a0060806_1912032.jpg


会場に生徒が入ってきたときも

すぐにIさんが分かったようでしたし、

舞台に整列したときも

わたしが

「あー左から2番目やね、Iさん」って言うと

「左から4番目」って主張して

後で確かめるとK地さんが正解だったりで

まるで魚群探知機だと

敬服いたしました。

a0060806_1914176.jpg



保護者面談中ってこともあって

途中で帰ったのですが

Iさんのクラスは入賞できなかったとか。

どれほど上手な合唱がその後に行われたのか

ちょいと聴いてみたかった気もしました。


それにしても真剣さが伝わってきて

合唱っていいなーって。

じーんとくる。


「3月9日」っていい曲ですね。

広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-02-19 19:13 | 出来事
広島ブログ

京都祇園の辰巳大明神の近くに

「しぐれ茶屋 侘助」という小さな

それでいて凛としたお店があります。


京都にいたころ

よく行っていたお店です。

今は女将さんもそのころと変わっておられて

しかも

京都に行く機会もめっきり減って

どんな感じなのか分かりませんが

きっと素敵なお店のままだと思います。


今から20年くらい前の「侘助」でのお話です。

美味しい酒とおばん菜をいただいて

ほろ酔い気分の若き日のわたしは

表に出て横にあるトイレに行こうと

立ちあがって

戸を開けようとしたわけですよ。

すると

なぜか勝手に開いて

次の瞬間

どん!と

柔らかくて温かいものにぶつかりました。


「ああ、えらいすんまへんな」

どこかで聞いたことのある低い声。


藤田まことさんでした。


トイレから戻ると

その姿はすでになく

これから始まるお芝居の案内に顔を出されただけだったそうです。


いつかまた「侘び助」で会えるかもと

淡い期待をしておりましたが

結局、残念ながら会えず仕舞いでした。



「てなもんや三度笠」から「必殺シリーズ」「はぐれ刑事」「剣客商売」と

お元気でご活躍なさっておられるおかげで

「藤田まことさんに胸を貸した男」を

数に限りのある自慢話のひとつとして披露してきたのですが・・・。

a0060806_173214100.jpg


ありがとうございました。

そしてお疲れ様でした。


中村主水がとても大好きでした。

憧れでした。

ご冥福をお祈りいたします。

広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-02-18 17:39 | 社会・芸能・スポーツ
広島ブログ


高校生の保護者面談が続いています。

A川先生がお話を伺っているのですが

傍で聞いていると

とても丁寧に1件ずつ対応しています。

前回よりも今回というように

面談の内容も濃くなってきていると思います。


面談の内容が濃くなるとは

生徒の状況により肉薄した話になるということ。

一緒に話される保護者の方から

信頼されているという証であるかも知れません。

どのお母さんも

お子さんの状況をよくご存知だなと

改めて感心する一方、

自分の両親に思いを巡らすこともあります。

a0060806_2336822.jpg


一昨年から20数年ぶりに

両親と同居し始めて

2年が経とうとしています。

80に手が届きそうな父と

70を超えた母は

わたしが帰宅するまで起きてます。

11時を回るのは当たり前ですから

寝るのは1時を回ります。

夜中3時ごろでもまだ部屋の明かりがついていることも

少なくありません。

起きるのは7時過ぎ。

家庭菜園に車で行って

昼ごろには戻ってきます。

やはり体力的に心配しています。


なんだか最近えらく疲れているように

目に映るのは

歳のせいだけでなく

自分たちの生活がある中で

わたしの生活習慣に合わせようと

無理をしているからにも思えます。


親というものは

いつでもいつまでたっても

それから無理をしてでも

子の味方なんですね。


わたしだけでなく

スタッフもそうでしょうし

もちろん保護者の方もそうです。


わたし、今日も遅く帰ります。

眠たそうな顔で

それでも笑顔で迎えてくれる両親に

申し訳ない気持ちと

感謝の気持ちでいっぱいです。


おそらく自習や補習で遅く帰る生徒の親御さんも

同じなんですよ。

お子さんを車で送迎されている方も

ご苦労様です。


年頃だけに表情に出さない生徒たちですが

きっと感謝してるはずです。

広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-02-17 23:41 | 思うこと
広島ブログ

Sさん第一志望の大学に

4回も合格!

おめでとうございます!!

a0060806_20152563.jpg


第一志望で、どうしても行きたい学科のため

センター利用、前期A・B・C日程で受験した結果

全てが合格だったそうです。


年末年始も教室にやってきて勉強していました。

国語で相談にのったりしていたのもあるけど

中学のときからずっと通ってきている

気心の知れた生徒ですし

とってもうれしい報告でした。

お友だちの大阪千里にいる元生徒のTさんからも

うれしい報告があるといいな。


学び舎の玄関は

そろそろ春の装い。

a0060806_20183955.jpg


a0060806_201923.jpg

合格の報告を聞くたびに

気持ちまで暖かくなってきます。
a0060806_20192016.jpg




広島ブログ
[PR]
by mt_over164 | 2010-02-16 20:25 | 出来事